Posted by at

2016年09月01日

い視線きちんと2人


「それからガザミ、隊商を探している間にこの町での情報を集めておいてやってくれ」ワタリが指示を与える。「お前さんはサーベイヤーの特徴を覚えているんだろ?」
「ああ、覚えている」シャウラはファムの整った顔を思い出しながら言った。
「相当美人だったんじゃないのか?」ワタリはシャウラの顔を覗き込んだ。
 シャウラは自分の顔が一瞬熱くなるのを感じたが、とりあえず返事をするのはやめておいた。
「だったら目立つだろう。人相を教えておくれ。聞いておいてやるよ」ガザミが気前よく答えた。
「ガザミの情報網は正確だ。何かあればひっかかってくる」ワタリはシャウラの肩をポンと叩いた。
「何から何まで悪いな」シャウラは2人に感謝の気持ちを伝えた。
「なぁに、構わないさ。その間、宿賃はと1頭分払ってもらうからね」ガザミは片目をつぶった。
 早く旅立たないとケツの毛までむしられるなシャウラは少し寒気を感じた。
「ニョウボウって何のこと?」ツィーがシャウラの方へ曇りの無を向けた。この辺境ブログを訪れてくださっている皆様、お付き合いいただいているブロ友の皆様、ありがとうございます。感謝を申し上げます。
次回のイベントは30000HITを予定していたのですが、同じ数字がが5つも並ぶなんてこと滅多に起こらないなぁなどと考えているうちに、イベントを企画しておこうということになりました。
2が並んでいる企画なのですが、いつもと同じように3人の方のリクエストを承ろうとおもいます。アクセスカウンターが22222になった瞬間からこの記事のコメント欄に書き込まれた順に、3人の方のリクエストが揃うまで受け付けます。訪問順は関係ありません。22222になった瞬間から書き込みが早い順です。サキのキャラクターのリクエスト1人(今回は女性に限定しません)と、お題を1つ書き込んでください。それを使ってSSか何かを書いてみますが、リクエストキャラが主人公になるとは限りません。ご容赦ください。
申込期限はサキが諦めるまでです。サキのキャラなんて知らないよ、という方はお題だけでも、あるいはキャラだけでも結構です。お気軽にリクエストをください。リクエスト無しなんて寂しいですから、よろしくお願いします。  


Posted by OuuptLook at 18:38Comments(0)

2016年08月23日

休むなかったかしら


映画は「ジャングルブック」と「ゴーストバスターズ」を見たいなと思っているのですが、一日のタイムスケジュールを組もうとしている段階で、なかなかうまくバスの時間などが上手くいかない事もあって、予定が組めません。

しかも他の家族が一生懸命に働いている時間に、お母さんは成立香港公司遊ぶ事ばかりを考えているような気がして罪悪感さえ感じます。

でもこの罪悪感と言うのは、長い間兼業主婦で来た後遺症のような気もするのです。

だけど主婦業はほぼ年中無休のお仕事で、健康なうちは定年がありません。お盆のお休みの時だって、オヤスミなんか一日もなかったでしょう、主婦の皆さん!?



だからもう、収入を得るために家族と同じ時間を働いて、尚且つプラスで家事をしなくちゃっていう発想は「えいっ!!」って捨ててやると思うのです。あっ、これ、自分に言ってるんです。たぶん誰ももう家族は、私に働けって期待していないと思う????し。



なんだか自分がイマイチ分からなくなっている、今の私。

何がしたいの?

何処に向かっているの?



時々私、あした死んじゃってもいいかって言うような気持Botox瘦面ちになるんだけれど、そのとき必ず

「あかーん!!!」って思う。

いや、そんな風に思っちゃいけないって言う道徳心からじゃなくて、今突然死んだら、私がどのような保険に入ってるか、あの書類この書類がどこにあるのかって、きっと誰にも分からないと思うんです。

あー、死ぬ準備って大事だよなあって思うんです。

その準備がちゃんと普段からできている人は、いざと言う時にも未練なく心安らかにってなるかもしれませんが、私の場合は相当まずい状況です。



私に唐突なる悲劇が起きたとして、家族は最初は凄い悲しみに襲われると思うし嘆いてくれるとは思うんです。でもそのうちいろいろと遣るべき事務処理的な事が起きてきた時、イチイチあちらこちらをひっくり返しす姿が????ああ????。

それに時間が経って、もうあのおばさんのものは少し処分しようと、家族で物の整理を始めるとするでしょう?????。

その時もあちらこちらからいろいろなものが出て来て、みんな疲れ果てちゃうと思うんです。

そしてそこで一言、みんなが言う。

「あの、ばばあ !!!」



残りの人生をいかに生きるかを模索するのも大事な事だけれど、そろそろ死ぬ準備をすることも大事な事だなと思います。それが出来ると言うのは体が動くと言うことで、「死」と言う言葉を使っても決してネガティブ発想ではないので安心してくださいね。



そうそう、昨日見たドラマはWOWOWのオンデマンドで「「刑事ヴァランダー」というもの。

海外サスペンスって、本当に面白いですよ。主役たちが人の死を悼み嘆天然貓糧き寄り添っているところも、普通の感覚で好きな所です。

夜の「家を売る女」も面白いですよね。「GO」って言いたくなります^^

くなパリっ子」が「週刊少女フレンド」に掲載されていた頃、私のお気に入りのもう一つの漫画が、この「白鳥少女」だったのです。

日本人は「鶴の恩返し」や「狐女房」のような、動物が人に化けて繰り広げる物語が好きなのではないかと思います。この「白鳥少女」はタイトル通り白鳥の化身です。

いくらなんでも物語などは覚えていませんが、かなりハラハラした展開だったと思います。

と言うのは、少女はある一定時間になると水辺に行ってその変身を解くか、またはか、叶わぬ時は、最低の水分補給が必要だったんじゃ。水辺がなくて、ヨロヨロと倒れ、せめて一杯の水を求めて助けを乞う、そんなドキドキするような設定もあったような気もします。

これはこの記事を書きだしたら、なんとなく思いだした事なんです。

私がはっきり覚えているシーンは、少女が着ているコートの上に、男がジュースをこぼしてしまうのです。
  


Posted by OuuptLook at 19:25Comments(0)

2016年08月16日

槍を使えるがおか


先程、一度侍医の気配が近くまで来ていた。
恐らく、毒の判別が付いたのだろう…

そうなればこれから王様にご報告申し上げ今回の二件の件をどうするかの話し合いがこれから始まる筈だ。

貴女には悪いがその助言は聞けそうも無い。
今夜は長くなりそうだ…
ヨンとウンスのお話は一応、今まで通り『藍の空 茜雲』本防脫髮館の方で更新いたします。(変わるかもしれませんがその時はまた、此方でご連絡致します)

シリーズ化した物については溜まった所で此方に移していきます

ちょっと大人な記事も申し訳ありませんが今迄通り本館のアメンバー記事となりますので、本館の方でアメンバー申請をして下さい。

中に入るとテジャンはいつも医仙様が座っておられた椅子に腰かけて居られた
表情はいつもの通りだ。
その表情には曇りもなく、陰りもない。
むしろ、とてもスッキリなさっておられる。

「その、テジャン、お身体はもう、大丈夫なのですか?」

「まさか、お前に心配されるとはな」
そう言って、鼻先で笑われる。
「見たままだ、なんともない。」
「その、医仙様の事はその、」
はぁっ、と大きなため息を付きこちらをじっと見られる

「その、その、とお前は女か?ハッキリ言えばよかろう?」
「は、すいません」

「何が聞きたい?」
そう、問われる。
やはり、テジャンが手を回していたんだ。

「テジャンは何故スリバンまで使って一almo nature 好唔好体何がされたかったのですか?」
「何とは?」


顔をあげるとテジャンはじっと俺の目を見てくる

「槍を教わるのを何故あんな形で阻止なさったのですか?」
「あぁ、その事か。」
足を組み、腕も組んだ格好でテジャンが話し出す。

「お前、よりにもよってジホに教えを買うたのだろう?」
「はい、他に思い付かなかったもので」
ふう、と大きなため息をもう一度吐いてテジャンは
話し出す
「訳がわからんだろうから、最初から話すぞ?」
「はい。お願いします。」


トルベの荼毘が済んで残り火を送っているときにお前の様子しいとチュモとチュンソクが心配しておった。

それは、知っていたのだが、あの時は俺も別の事で頭が一杯であったのでお前の事はチュンソクに任せ天門に向かった。
ただ、スリバンには逐一お前の様子を知らせるよう指示してあったのだ。
すると、夢の中にいるような様子では無くなったのだが、どうにもようになりたいと話しておると言う。
ウダルチの中でも今、お前に教えられるような奴は残念ながらおらん。

じゃあお前はどうする?
間違いなくジホに教えを買うだろう
だがな、俺から言わせれば彼奴だってまだ人に教玻璃屋えられるような小僧では無い。
最初から間違ったことを身に付けると面倒この上なし。

しかも、トルベがお前に言うたらしいな、死ぬ気でやればお前はトルベを越えられると。
  


Posted by OuuptLook at 18:57Comments(0)

2016年08月09日

の男に戻る瞬間が有



そんな事を思っている内にどうやらもう一度眠ってしまったらしい
なんか、外が騒がしい。

外の警護に自分が居るから暫くこの部屋から離れる様にって言ってるのかな?
…、と言う事はあの人が来たのね。

う~ん、しかし今日はまだ寝てたいのに…
何でまたこんなに朝早く…

「医仙、まだ寝てるんですか?入りますよ。」
入る?何処へ?
そう思っているとこの部屋の扉が辦公室傢俬開いて光が一気に入って来る。

日が高い…もう、朝早くじゃないのかも…

でも昨日変な時間に起きたから目が開かない…
貴方の方を見ると、やれやれと言う顔をして横の戸を開けている。
「何時まで寝てる。目玉が無くなりますよ?」
「うぅ~、まだ眠たい…」
そう言いながらなんとなく窓辺に立つ貴方の顔を見た。

あ、この顔…

夢で見たあの顔だ。
春の日差しの中、やんわり私を見て笑う感じ…
瞳が幸せそうに揺れてる…

なんだ、頼まなくてもそんな目で私を見る事もあったの?

知らなかった。
そんな幸せそうに…
その貴方の笑顔を見てるとこっちまで笑顔になるかも。

貴方が、父上で私が母上。
もしかしたら、…ある?


典医寺の中庭に数本の白い綿帽子を付けたたんぽぽが風に揺れ、一つまた一つと綿毛を飛ばす。
これは夢?それとも予感?

取りあえず、貴方のその笑顔はとっても好きよ、チェヨン。
はらはらと音も無く落ちてきて、世界を真っ白く美しい世界に塗り替えて行く…

朝起きると見渡す限りの銀世界。
寒いけど、なんだか子供みたいにワクワクする

今日は特別な日だから、特に。

典医寺の窓から見る景色もたった一日でまるで変わってしまった
「うわぁ~なんて白いの!それにフワフワ」
急いで着替えて、何時もより少し多めに着込み外に出る。

典医寺の薬草園の真ん中で一人雪だるま作って、雪兎も作って、雪の玉をそれこそ、30個位作って恐らくもう直ぐ来るであろうあの人を待つ。

ウダルチの朝の鍛錬が終わった様で2,3人が付き指や打ち身などで典医寺を訪れ始めた。

すると、廊下を進むウダルチ数人が一方向を向いて恭しく頭を下げる

来た!あの人だわ!
笑いが出そうなのを抑えつつ、木の陰に雪玉を持ちながらそっと隠れた

:,:,★:,:,☆ :,:,★:,:,☆

典医寺の方に向かって歩いているとウダルチ達が頭を下げて来た。
その時その頭のずっと後ろの方の雪の中、あの女頭皮發炎の赤い髪が木の陰で動くのが見えた。

大方、この雪だ、雪玉でもこさえて俺を狙っておるのだろう。
相変わらず子供っぽい所が有る人だ。

さて、どうするかな。
雪玉位避けるのは全く問題は無いが、丁度この廊下には二人しか居なくなってしまったようだし受けてやっても良いが。

そう、思っているとその廊下近くに何とも可愛らしい雪兎が置いてある。
良く見ると雪だるままで…どれくらい長い間この寒い雪の中遊んでおったのか…

ぼすっ!

右耳のちょうど上あたりに雪玉が当たった。
考え事をして、避ける事を忘れておった…

「チェヨン打ち取ったり~!」
木の裏から万歳をしてこの女は大喜びで出て来る。

俺は無言で廊下から典医寺の薬草園に降りると雪を両手で掬い丸く固める。
丁度大きめの蕪位の大きさにしてこの方に向けて力一杯投げた

ぼすっ!

逃げようと後ろを向いていたので丁度左肩に当たった
「ひっど~い!女の子に向かって無言で雪玉投げるなんて~!」

「隠れて雪玉を当てようとしていた方に言われたくは無いですな」
そう言いながらもう一玉雪玉を作る

雪を払い此方に振り向きざまにあの方も投げて来るが、方向を読んでおらぬのであさっての方向に飛んで行く。

丁度投げ終わった所へ今度は軽く雪玉を投げてこの方の顔に命中。

「俺の勝ちです」
口元を片方にだけ引き上げて笑ってみた
「う~!くやし~ぃ!」
この女はその俺の様を見てこの雪の中地団駄を踏む

当然、足場が雪なので何時もの如くこの女は滑る
支えようとした俺はこの方が踏み固めた雪に足をとられて一緒に滑ってしまった

「あ!!」
新雪の中に二人して倒れ込む。

ゆるゆると起き出し、俺と見合った状態で雪の中に突っ込んだこの女の顔も髪の毛も雪が乗って真っ白で頭の上から湯気が出ている。
その様が余りにも可愛らしいやら、可笑しいやらで思わず笑ってしまった。

恐らく俺の頭からも湯気が出ておるのだろう、指を差しこの女も笑っている。

「あ~、楽しかったぁ~!」
「そうですか、それは良かったですね。俺の勝ちですけど。」
そう言うとぷうと頬を膨らませ今度はプンプン怒りだす

「勝ち負けじゃないですから、ただの遊び何で!」
雪を払いつつ二人して立ち上がる

「見てなさいよ~!今日中に貴方から一本奪ってやるんだからね!」
「今日中に今日は何か有るのか?」
「私が貴方から一本取れたら教えてあげるわ!」
ふん!と顔を横に向けるのでちょっと意地悪をしたくなった

「じゃあ、俺も貴女から一本取ったら何か褒美が貰える様にするなら受けて立ちましょう。」
「貴方の一本は私を感動させられたら、一本ね!分かった?」
指を一本出しながらそうやって勝手に決めた。

「分かりました、じゃあその様に。では、俺はこれで。精々頑張って下さい。」
それだけを言ってこの女の前を離れると後ろの方で叫んでいる

「も~ぅ!絶対一本取ってやる~!」



暫く前から何となくではあるが、それらしい事を言っておった
「お戻しする」と言った手前、聞いてはおらぬ振りをしていたが...


徳興君との婚礼を破談にし、典医寺に戻られ、毒の事に気づいたおり泣きながら「残って良いか」と。


そんな問いかけに答えなど出せるはずもなく
俺の気持ちを嘘偽り無くお伝えすれば貴女は天界には戻るまい

しかし今、貴女に必要なのは俺ではなく毒を消す薬


あの徳興君さえ居らねばこの様な事には成らずに済んだものを
あの時に殺っておかなかった事を今さら悔やんでも遅い

元の使者だか知らん奴まで貴女の命を狙っておる
俺は一体どうすれば...

この数日貴女と二人っきりで森を歩いてい壹美健 水光槍ると素り激しく心が揺れ動く

心が揺れ、言うてはいけない言葉を貴女に言ってしまいそうになる
「残ってほしい」と
その自分の欲でしかないその申し出にきっと貴女は答えてくれるだろう

それともこのまま逃げて一緒に天門を潜るか

駄目だ、俺は全てを捨てられんし
毒だってどうにも出来はしない


俺は今、貴女を守って天界へ送ってやる事しかできぬ  


Posted by OuuptLook at 13:21Comments(0)

2016年08月03日

彼此的記憶,莫名的痛在心裏蔓延

  我知道了愛情的過程,也已經做好加入這場過程的準備,可是我的愛人?你在哪里?又是和誰在一起呢?或者,是不是和我一樣,在靜靜的等待著彼此的到來呢?你又會是個怎樣的人呢?是我千萬假設中的一種,還是假設外的另一種呢?或許,你不帥氣,或許,你不出色。但是我想,你一定是推拿治療一個足夠溫暖的人,是我一生的陽光。
  
  我可能不夠完美,我可能和其他的女人一樣為了更多的寵愛而向你不斷索求,我可能會抱怨種種生活的不公,到最後我可能變得讓你厭煩,但是請你記得,我愛你---不會變。
  
  你可以不用假裝堅強,可以失敗。但是請你記得,在你傷心、難過甚至想要哭泣的時候必須有我在你的身旁,你也必須擁有重新站起來的勇氣;你可以不懂浪漫,但是一定要記得生活帶給你的溫暖,一定要懂得去抓住生活中的點滴幸福;你可以沒有錢,沒有房,但是你必須有承受得住生活的重量,有為愛努力的責任感和永不放棄希望的決心。
  
  如果,遇見這樣的你,我想我一定會愛上。如果,遇見這樣的你,我一定會努力的讓你同樣愛上我。
   沒有了彼岸的等待,留下故作灑脫的背影,繼續髮線後移追尋著,那一個沒有結局的夢——題記
  
  時光荏苒,光陰似箭。時間轉瞬即逝,最後留下的,只有滿滿的回憶,還有孤獨的我。
  
  一個人行走在茫茫的人海中,卻第一眼唯獨看到了你,恍若隔世一般,看著彼此熟悉卻又陌生的面容,丟失了我們。
  
  你就這樣走入了我的世界,也許我只是你生命中的匆匆過客罷了,而你卻在我的生命裏留下一枚烙印,刻骨銘心。
  
  我想愛是一個動詞,我為之付出,此生無憾,我知道我愛你就足夠了,因為我愛過。我知道我愛你,對我只是知道我愛你……
  
  往事如煙,浮現在眼前,與你在一起的每一個瞬間,都化作一縷塵第一醫美埃飄蕩在我活在的空氣中,你存在我的生命裏,是我一生戒不掉的毒藥。
  
  也許我們後會無期,也許我們今生無緣,但是你說過要陪我走到生命中的某年某月某天,而你卻把我獨自丟棄在了某夜某街某巷。  


Posted by OuuptLook at 19:16Comments(0)

2016年07月27日

屬於南半球的溫暖---悉尼初印象








  悉尼,又名雪梨,1788年由英國第一艦隊船長阿瑟·菲利普於雪梨灣建立,最早收納被流放的罪犯,後來隨著澳洲淘金熱期間大量移民湧入,悉尼漸成南半球最重要的都市。悉尼市升降桌環繞傑克遜港(包括雪梨港)而建,20世紀以來成為世界著名的海港城市。

  市中心的綠色地帶-海德公園

  初遊悉尼市中心,我有種回到了紐約的感覺,源自於在城市之中的這片綠色公園。悉尼海德公園(Hyde park)是根據倫敦海德公園而名,這塊地方原先是準備建一個兵營,可是建成後卻沒有軍隊入住過,反倒成了關押各地運來的囚犯的地方。

  如今在公園內有一個澳新軍團戰爭紀念館,展示了戰升降桌爭時期的用品。海德公園貫穿整個悉尼市中心,許多本地人都喜歡來這裏坐在草地上,曬曬太陽聊聊天。在海德公園向前走是Cook&Philip Park,連接著聖瑪麗大教堂。

  澳大利亞天主教堂之母-聖瑪麗大教堂

  沿著海德公園往歌劇院方向走去,會經過有“澳大利亞天主教堂之母”之稱的聖瑪麗大教堂(St Mary‘s Cathedral)。它是世界上最佳英式風格的哥德式教堂之一,也是澳大利亞最大最古老的宗教建築,建於1821年。

  教堂有著一種神秘而莊嚴的感覺,細細繞著升降桌大教堂走了一圈,每一個板塊都包含著不同的故事。

  在大教堂裏有許多燭臺,提供給信徒和遊客,捐贈3元購買一個燭臺點燃,代表自己的心意。

  澳大利亞最高建築之一-悉尼塔
  


Posted by OuuptLook at 18:50Comments(0)

2016年07月14日

行走藥王穀隨心自在

我帶著你,你帶著錢,讓我們一起去要藥王穀養身度夏!

避暑養生套餐搶訂中,(門票+四星級酒店)

品藥王穀的七道養生大餐,食藥膳、品藥茶、喝藥酒、泡藥浴、吸負氧、拜大佛,找到養生方法,讓你的身心得到徹底的修復,讓健康伴隨在你的左右,為能讓您體驗冷凍光學膠原到絕佳的避暑養生產品。
去你的藥王穀兩天一夜嗨不停辛夷花大酒店

2天1夜包含景區門票一張、四星級辛夷花豪華房間一晚、三餐兩正一早)。

PS:1、關於享受優惠的人群:

(除1.2米以下兒童不占床位的情況下免費外)凡需參與避暑養生套餐的,均按此優惠執行。

2、關於住酒店補差的問題:

此套餐是兩人入住一個房間的價格,若單人入住一個房間需補房差100元;若遇週五、週六入住或續住遇到週五、週六,每天限前40名名額。

3、關於續住的問題:

續住一天只需120元/人,包含一晚住宿,兩正一早(以此類推)。

4、關於臨時取消的問題:

套票一經售出,一律不退,若遇不可抵抗力,可以經與脫髮洗頭水景區溝通同意後順延,不需承擔違約費用。

【交通路線】:

(一)、自駕車:

1、成都方向——成綿高速——綿陽北出口下——江油市區—沿S205省道往平武縣、九寨溝方向20公里處即到藥王穀遊客中心停車場,可選擇乘坐景區觀光車上山,也可選擇乘坐索;

2、西安、漢中方向——G5京昆高速經廣元——綿陽北出口下——江油市區——沿S205省道往平武縣、九寨溝方向20公里處即到藥王穀遊客中心停車場;

3、重慶、遂寧方向——渝遂高速抵遂寧——轉綿遂高速抵G5京昆高速——綿陽北出口下——江油市區——沿S205省道往平武縣、九寨溝方向20公里處即到藥王穀遊客中心停車場。

(二)、火車出遊:

成都——江油有直發城際列車和高鐵,下車後直接在出站口的江油旅遊接待中心乘坐景區直通車直達藥王穀,往返35元/人。

(三)、汽車出遊:

成都昭覺寺汽車站(重慶陳家坪汽車站)——江油汽車客運站直接轉乘到藥王穀的客運班車或直接電話預訂直通車,將前往汽車站接送。

夏天就該“哪涼快,呆哪去!”,小藥童傾情推薦“高靜脈曲張逼格”旅行,集“濕身”“涼快”"養生”“美顏”於一體,就在藥王穀,縱情一夏、不歡不散。

  


Posted by OuuptLook at 19:00Comments(0)

2016年03月14日

心醉一聲歎息又一次輕輕拂來的風




夜晚悄悄融入暮色,被雨剛剛洗過玻尿酸的城市,一股淡淡的清爽隨風舞動。輕盈地佇立在窗臺前,仰望著那一絲來自心底的涼意沁入心扉,不由得緊緊的抱緊了身體。

夜,就這樣姍姍來臨。落日的晚霞灰蒙蒙地掛在天邊,似乎還不想和今天說聲再見。陽臺上的綠寶寶動情的凝望著我,就如你的眼神那麼地柔情似水,這一刻,有點讓我,也有絲。

襲著一身席地的妙裙,粉色的,那是你最喜歡防掉髮洗頭水的。所以那日到義烏,我義無反顧地喜歡上了這種顏色,不濃不淡,不素不雅,就正如你當年對我的評價。我始終未懂,你是希望我一生粉紅,還是欣賞我一身粉紅?

斜靠著牆沿,慵懶的托腮想著心事。一縷清風吹亂了額前的劉海,也吹亂了心中的惆悵與無奈。而後,我靜靜地站起身,再次佇立窗臺前,沉冗地,驚駭了這個夜晚的寂靜。暮色裏的心情為什麼又開始變得憂傷,傷到天地也流出了眼淚。

躲在暗處,把心蜷縮成一團,用37度的姿態環抱靜脈曲張著自己的肢體。裙擺在風的拂動下開始了輕歌曼舞。把心放下,開始慢慢梳理得晶瑩剔透的心情,怎奈,一股壓抑的氣息又撩覆起我沉痛的記憶。
  


Posted by OuuptLook at 17:38Comments(0)

2016年03月07日

3月7日の夢囈重編織




男孩習慣了一個的人的日子,習慣了一頭紮進圖書館,習慣了寫寫漫無邊際的東西,習慣了黑夜。

男孩說這輩子再也不任性了,許多事情dream beauty pro 脫毛男孩順其自然,無世無爭。看淡了煙雨紅塵,聽慣了是非言論。男孩默,習慣了不多說一句話。重要的是男孩擺脫了心裏枷鎖。




男孩明白一直以來男孩生活在自己的,他只不過dream beauty pro 脫毛是她寂寞時的玩物。若幹年後,男孩現在才體味到那時的心酸,還好一切都歸於恬然。男孩現在不想玩弄現在那個女孩的感情,因為他真的不愛她。他不想傷害她,所以他拒絕了女孩所有的邀請。女孩置問他,男孩淡淡的回道:我不想陪你玩!女孩很傷心的跑開了。男孩一個人站在空曠的足球場上,長歎了一空氣,無可奈何的向宿舍走去,。夕陽將他的影子拉得修長,男孩撥通了女孩的電話,電話那頭無語的沉默。男孩沒忍心掛斷電話,那頭傳來嚎滔大哭。男孩也許真的累了,仍然電電話倒頭就睡了。

男孩換了手機號,上自習時也沒和女孩一起了。以前那女孩偶有聯系,但男沒過多種去留意女孩,畢竟那麼多年過去了。或許在男孩心中早已不是男女之愛了,客觀dream beauty pro 脫毛的說是兄妹之情了。男孩毫不諱言,那時他真的很愛她。但那只是苦澀的青蘋果,注定是被拋棄的。男孩走上了他並不熱衷的醫學之路,很多空暇時間被男孩花在了醫學上。男孩想等將來學醫有成了就去西部,去那裏做一些力所能及的事幫助更多需要幫助的人。在談及將來找女朋友方面,男孩說現在還沒有考慮。也許男把更多的精力花在了一場毫無結果的初戀上。男孩再也沒有那麼多的激情去演繹一場轟轟烈烈的愛情了。再找女朋友時,男孩想找一個真正過日子的,但現在男孩還沒考慮。男孩現在最大的願望是把醫醫學好,其他的,其他的一切與他無關!

曾經那麼毫無緣由地喜愛華美、典雅、尊貴的鬱金香,曾經夢想過在花海如潮的一個地方,徜徉其間,醉倒不歸。如今在四月,一個草長鶯飛的季節,北方大地春暖花開的季節,入眼的嫩黃和新綠讓心欣喜的季節,一輛直通車終於把我的夢想帶到了位於北京順義區的國際鮮花港景區。
  


Posted by OuuptLook at 12:59Comments(0)

2015年09月30日

愛情需要細水長流暗戀一個人就夠了



哭和笑都一樣酣暢淋漓的青春終究在漸行漸遠。追著青春的尾巴,或沉默,或哭泣,或呐喊,它始終不再回頭看我一眼。然後,為了保護自己,也為了安慰別人,我會像個無所畏懼又或強裝鎮定的戰士,勇敢地看它隱沒不見。

被自己辜負的青春不應該奢求原諒,但是我卻從來不後悔把它耗在一場暗戀的洪荒裏。只是在癡迷於一種感覺,尋不到一種相似,它就變成唯一,陷在裏面便再也走不出來。青春就在這樣的的偏執裏被從記憶深處吹來的風慢慢吹散。

愛情是兩個人的事,感覺一秒鐘就夠了。我並不奢求一種結果,最後的結果太容易破壞最初的美好了。因為即使是美滿的結局也隨時都有破碎的危險。或許,我對他的情感,並不是愛情。他只是在不經意間給了我一種美好的想象,然後我就把它珍藏心底,看不見其他的美好,更不允許誰去破壞這種寄托,包括我和他。所以,我只需要遠遠地看看他,偶爾地念念他。記憶裏的那些瞬間遠比現在眼前的他更珍貴。也許,我是一個不知道自己想要什麼,而又太容易滿足的人。

或許我癡迷的是他給過的感覺,而不是他這個人。所以即使知道了他有女朋友,也只是淡淡心疼了一下,而後便在那些美好的感覺裏治愈。愛一個人,如果得不到,可以在遇到下一個更優秀的人的時候,就將他理所應當的遺忘。可是,一種與愛情有關的美好感覺卻始終無法被模仿和替代。即使我已經記不得了給我這種感覺的人,可是它卻依舊牢牢占據心底。

這種感覺像是一個牢籠,只有進口,沒有出口。它給得起快樂,也帶得來傷害。寂寞的時候,它可以讓你不寂寞,也可以讓你更寂寞。美好的或痛苦的,都只能在這種感覺裏自言自語,而無處與人訴說。也許,我真的很愛很愛他,愛到讓應該肆意揮霍的青春只是在一種與愛有關的感覺裏不曾綻放就直接枯萎掉。也許,我真的一點也不愛他,不愛到很多時候他的事情我都覺得於我無關痛癢;不愛到有過機會可以在一起,我卻也不願意主動去爭取。也許,我是一個自私的理想主義者,在一種感覺裏作繭自縛,得不到解脫。

過了轟轟烈烈的年紀,我知道我沒有資本再沉迷。因為給得起地老天荒的是面包與愛情的結合,而不是一種只在心底溫暖自己的感覺。用一種純粹或是與暗戀,或是與愛情有關的感覺書寫青春裏愛情的情節,他們都說太過荒涼。我把它放在歲月的天平上稱量,我看清了它的重量。所以我並不後悔我在那場感覺裏的逃亡與流浪。即使最後一無所獲,但我知道我的精神行囊曾經有過重量。

天色漸漸的暗了,秋風透過紗窗輕輕掃蕩,偶爾聽的見被風吹響窗戶的聲音 ,細微的,飄渺的,可外面的蟬卻不知為了什麼爭吵 ,惹得我難逍遙。

我於夢中,盡享其中百味千滋

我的夢境永遠那麼美,那山清水秀,花香鳥語,不會寒冷也沒有炎熱。白天,我和太陽彼此微笑,和溪水共飲歡樂,和流雲共朗詩歌,和風追逐彩色...晚上,明月會送我一曲歡歌,露珠會予我一片清澈,花朵回贈我一縷芬芳 ,而歲月,把它叫做荒唐...

暑假的初期,我無意而又刻意地跌入這個美好的夢境,而且不願意醒來。把自己悶在屋裏 哪裏也不想去,盡情地揮霍。守著我的電腦,一邊聽音樂一邊看空間,一邊吃泡面一邊聊,每天從中午開始過的日子實在太多,其他的同學...心裏也挺有罪惡感的想;他們是在為各自的夢想拼搏,努力著吧!但又會馬上轉折=====管他們幹嘛,因為這個夢境只屬於我一個人,我不需要受到幹擾。同學朋友叫我去玩我也懶得動彈,繼續我的蝸居生活,繼續我的夢....

醒於夢裏,誰知流光容易把人拋

  


Posted by OuuptLook at 17:22Comments(0)