Posted by at

2015年06月03日

人生に行って思い出です

别れないのではないか、しなかった場合は募るばかり。損することがないのではないか、という後悔した。経験がないのではないか、という思い出になる。

短い甘い以降吹き荒れた限りがないのかもしれない。誰も不審がありません。ただ、生活と我々が開いたのは大きな地ジョーク、そして私の人生に行って思い出です。

谁が好きな人ねがなかったし、彼女の言葉と笑った連中はこれ以上忘れることができなかった。街を歩いていると、行き交う人の中で、ふとその背中はいちども好きのあの人は、ほとんど信じは彼女になりました。でも自分だけが知っている」とし、彼女は不可能だが、この街は、一生かもしれないと会うこともない。その背中を见るとした时には浸水する数多くの外国人が出入りする人の中に、见えなくなった。だけを残したまま立っていた人形はしいんとして、ぼんやりと突いた。

漆黒の夜、自分の眼を見張って、更に見張っをしようとしたが、天井を透過フロアを通してそのって繁ったこの都市は几山河を越して、風のないのを見て、あなたの姿を揺すぶるだった。
  


Posted by OuuptLook at 13:59Comments(0)